戸隠流そば打ち処 實徳(みのり) 京都市左京区北白川久保田町57-5
白川今出川から、西へ100mほど北側。
分かりづらいので、注意しないと通り過ぎてしまうので注意。
近くには ますたに、喰いしんぼうの店、太陽軒、ハイライト、串八、セカンドハウスなどもあり、学生にはうれしい通りである。
電話075-722-3735
営業時間
昼12:00〜14:00,夜6:00〜21:30
店内は20名ほど座れ、テーブル席とロノ字型の
囲炉裏型あり。こじんまりしたよい雰囲気。

付き出しにソバの揚げたのと、そば茶が来た。
お茶は香ばしく旨かった。
ザルに盛られた 1固まり→1ぼっちと呼ぶらしい。
1人前普通は5ぼっち。大は7ぼっち
注文したのは實徳そば(14ぼっち)+とろろ(
1400円ほど)
そば湯も一緒に出てくる。
唐辛子、山椒、粗塩など。
ツユが薄まれば、返し(濃いめのダシ、白い容器)を加える。薬味やツユは追加注文になる。
黒いツブもなく、麺が白い。 湯がきたてをしっかりと冷水に締められてるので、コシは抜群であった。
ザルに水分を切らずに盛られている(これが戸隠そばの盛り方らしい)ため、ツヤツヤと光った麺は、目にも美味しい。  メニューを見ると蕎麦への強い思い入れがわかる。 次回は温麺も是非試してみたい。

戻る

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO