ふぐ・鍋料理 ふく家 (枚方市牧野 京阪牧野駅から徒歩3分)
手頃な価格で新鮮な魚を使った季節の鍋料理が食べられ、お客は地元のリピーターが多い。
京阪牧野駅近くの住宅街にあるので、迷ったら電話を。
HP
◆пF
072-850-0298
◆営業時間:17:00〜23:00(日・祭日は22:00)
◆定休日:水曜
◆場所:京阪「牧野」から、徒歩3分。隣にPあり。
地図
カウンターには、ネタが寿司屋のように列ぶ。
うーむ、どれも新鮮。

たまにはということで知人おすすめのフグしゃぶセットとハモのコースを食べました。ハモコースは、酢の物・落とし・照り焼き・ハモ鍋・ソーメン(これら1人前4000円)を。フグしゃぶセットは、ゆびき・ふぐしゃぶ・雑炊(約2〜3人前で6000円) を注文。
カウンター、テーブル、掘りゴタツ式の席があって、30人ほど入れる。家族連れのお客が多い。
上→ 鱧とキュウリの酢の物
※照り焼きした鱧とキュウリの酢が合ってあっさりと

下→ ふぐの湯引き(650円)
※プルプル、クニュンとした皮の歯応えと甘酸っぱいポン酢。 冷酒が飲みたくなりますな。
左→ 鱧の照り焼き
※甘辛いタレが、好みであった。
難点は量が少ない。


右→ 落とし鱧のおとし(900円)
※梅肉タレで。コレを京都の床で食べると、結構する。骨切りが良くできているので食感が気持ちよい。
鰹のたたき(1人前800円、写真は2人分)
大皿で沢山の生わかめ、ネギ、ショウガ、生ニンニク。具が多く賑やか。

たたきは、よこわ(本マグロのこども)、うなぎもメニューにあった。
刺身の盛り合わせ
(関サバ、カツオ、ブリ、イカ、ホタテ)
刺身がウマー!
ブリには味噌+木の芽を合わせたタレが合う。

足の速いサバを刺身で食べれるのは珍しいと思う。
 新鮮で歯応えもよく臭みも全くない。価格もそれなりに張るが、初めてでよい体験だった。

ブリなどは柔らか+旨味が濃い。
 魚は締めてから暫く置いた方が、歯応えは弱まるがねっとりとした食感+旨味が生える。
 私の推測だが、ネタに応じて良い状態のものを出す気持ちが感じられた。
タタキで食べることが多い鰹も、トロンとして臭みもなく実に美味。
土佐醤油(しょうゆに鰹節でとったダシやみりんを加えて煮詰めてある)がまろやかで刺身に優しい。

実に日本酒が恋しくなる。車の為飲めなかったけど、地酒もいろいろとあった。




←カツオ
いよいよ ふぐしゃぶ。 これで2〜3人前ほど。これに季節の野菜、白菜、菊菜、葛きり などを一緒に。
黒い部分はふぐの口の部分。 ゼラチン質が旨いそうな。
あまり茹ですぎずに火が通れば
ポン酢で。 歯応えと白身の食感が・・
やっぱウマー。

まだまだ食べる

FC2 キャッシング 無料HP ブログ(blog)
SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO